カテゴリー: スポーツ

アレックス・ロドリゲス引退

 ニューヨーク・ヤンキースの7日(日本時間8日)発表によると、アレックス・ロドリゲス内野手(41)が今季限りで現役を引退するそうです。

 12日(同13日)にヤンキースタジアムで行われるレイズ戦が最後の試合となります。

 アレックス・ロドリゲスは、正確にはアレクサンダー・エマニュエル・ロドリゲス。A・ロッド(エイ・ロッド)の愛称で親しまれ、高校時代から高い身体能力を活かして野球とアメリカン・フットボールで活躍し、多くのスカウトに注目されました。1993年にシアトル・マリナーズにドラフト1位指名(全体1位)を受けて入団し、1994年7月8日のボストン・レッドソックス戦に18歳でメジャー・デビュー。遊撃手が18歳でメジャー・デビューするのは、1900年以降では3人目でした。

 1996年には史上3番目の若さ(21歳)で首位打者を獲得。1998年には、メジャー史上3人目の40本塁打40盗塁を達成。2001年にテキサス・レンジャースと、当時のスポーツ界最高年俸となる総額2億5200万ドルの10年契約で合意。3年連続ホームラン王になるなど大活躍を見せました。

 2004年にニューヨーク・ヤンキースに移籍してからも、ホームラン王やMVPを獲得する活躍を見せましたが、2009年に薬物検査でステロイド剤の陽性反応を示し、その後も違法薬物を使用していた事実が次々と発覚。2014年1月にメジャーリーグ機構から、2014年シーズンの全試合出場停止を課されました。

 出場停止かた復帰した2015年シーズンは33本塁打を記録しましたが、年齢的な衰えは隠せず、2016年シーズンも成績が低迷し、若手主体に切り替えつつあるチームで出場期間が減ってしました。ロドリゲスは監督を伴って会見し「つらい日だ。このチームが大好きだ」と言葉を詰まらせたながら、引退を表明。奇しくもかつてのチームメイト、イチローがメジャー通算3000本安打を達成した日でした。


プロテニスで八百長疑惑

 アメリカのニュースサイトのバズフィードとイギリスのBBCは17日、テニスのウィンブルドン選手権や全仏オープンなどで八百長が行われた可能性があると報じました。

 疑いがかけられているのは、ロシアとイタリアの賭博グループから多額の金銭が賭けられた試合で、報道は、八百長の代償として選手からアメリカドルで5万ドル(約580万円)以上を提示されたとの証言を得たとしています。世界ランキング50位以内を経験したことのある16選手に疑惑があり、うち8選手は18日に開幕した全豪オープンに出場するという事です。

 バズフィードとBBCが具体例としてあげたのは、2007年8月にポーランドで行われた大会で、ロシア選手がけがのため棄権してアルゼンチンの選手が勝った試合。この試合の前、イギリスに本拠を置くオンラインブックメーカーのサイトで、ロシアとイタリアの計3グループが、格下のアルゼンチン選手に賭け金を集中させる異常な動きを見せたという事です。

 あり得ない話ではないですね。はっきり言ってスポーツにはつきもので、特に個人競技では入り込む余地が大きい。今後の調査に注目です。


日本、初戦でブラジルに苦戦

 野球の国・地域別対抗戦であるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の第3回大会福岡1次ラウンドが2日、ヤフオクドームで開幕しました。

 大会3連覇を目指すA組の日本代表「侍ジャパン」は、ブラジルと対戦。先発の田中将大(東北楽天ゴールデンイーグルス)ら投手陣の不調で、格下のブラジルに終盤までリードを許す苦しい展開となりましたが、8回に井端弘和(中日ドラゴンズ)の同点打の後、阿部慎之助(東京読売巨人軍)の内野ゴロの間に勝ち越し、5―3で辛くも初戦を制しました。日本は3日に中国と第2戦を行う。

 山本監督がエースと期待し、開幕投手に指名した田中は僅か23球で降板。「何も言える立場ではありません」と短っコメントを残しています。
 試合後山本監督は、「苦しかった。これが国際試合の厳しさ。相手が粘り強く、なかなか日本のペースにならなかった。でも、八回によく逆転してくれた。(井端、阿部の)両ベテランが期待に応えてくれた」と語りました。
 またブラジル代表のラーキン監督は、「日本が、わずかに実力が上だったということ。リードしても追いつかれ、日本はタフだった。自信につながる試合になった」と、優勝候補の日本と接戦を演じたことに自信を深めたようです。


なでしこ決勝賭けフランス戦

 ロンドンオリンピックのサッカー女子は6日、準決勝が行われ、日本女子代表(なでしこジャパン)は現地時間の午後5時(日本時間7日午前1時)からウェンブリー競技場でフランスと対戦します。

 日本は3日のブラジル戦で大儀見、大野がゴールをあげて2―0で勝利し、2大会連続の4強入りを決めています。前回の北京オリンピックの準決勝ではアメリカに0-1で敗れて3位決定戦に回り、その3位決定戦ではドイツに0-2で敗れ、結局メダルを逃していました。
 しかし、あれから4年、日本代表はワールドカップ優勝の偉業を達成し、以前のチームとは違います。今度こそはメダルを持ち帰って欲しいと思います。
 また、フランスには今大会直前の親善試合で0―2と完敗しているだけに、きっちりリベンジしなければ。

 日本代表の先発は次の通りで、準々決勝のブラジル戦と同じ顔ぶれになっています。

 GK 福元(岡山湯郷)
 DF 近賀(INAC神戸)、岩清水(日テレ)、熊谷(フランクフルト)、鮫島(仙台)
 MF 阪口(日テレ)、沢(INAC神戸)、宮間(岡山湯郷)、川澄(INAC神戸)
 FW 大野(INAC神戸)、大儀見(ポツダム)