カテゴリー: その他

日本レコード大賞2015

 日本作曲家協会などが主催する「第57回 輝く!日本レコード大賞」の最終審査が30日に新国立劇場(東京都渋谷区)であり、ダンス・ボーカルグループ「三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE(三代目JSB)」の「Unfair World」が大賞に決定しました。

 三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEは昨年も「R.Y.U.S.E.I.」で大賞に輝いており、2年連続の大賞受賞となりました。

 各賞のラインアップは以下の通りです。

 優秀作品賞
 AAA「愛してるのに、愛せない」
 西内まりや「ありがとうForever…」
 三代目 J Soul Brothers「Unfair World」
 氷川きよし「愛しのテキーロ」
 三山ひろし「お岩木山」
 西野カナ「トリセツ」
 AKB48「僕たちは戦わない」
 きゃりーぱみゅぱみゅ「もんだいガール」
 水森かおり「大和路の恋」
 ゲスの極み乙女。「私以外私じゃないの」

 最優秀新人賞
 こぶしファクトリー

 新人賞
 lol、こぶしファクトリー、花岡なつみ、安田レイ

 最優秀アルバム賞
 サザンオールスターズ「葡萄」

 優秀アルバム賞
 SEKAI NO OWARI「Tree」
 大貫妙子&小松亮太「Tint」
 米津玄師「Bremen」
 TUBE「Your TUBE+My TUBE」

 作曲賞
 つんく♂「うまれてきてくれて ありがとう」(クミコ)

 作詩賞
 喜多條忠 「スポットライト」(山内惠介)
 「横濱(ハマ)の踊り子」(北川大介)

 編曲賞
 亀田誠治 「あなた」(いきものがかり)
 「瞳」(大原櫻子)など

 特別賞
 クマムシ
 福山雅治

 特別功労賞
 江藤勲
 加瀬邦彦
 すがはらやすのり
 只野通泰
 ちあき哲也
 三島大輔

 日本作曲家協会奨励賞
 石川さゆり
 山内惠介

 功労賞
 五木寛之
 菊池俊輔
 小林亜星
 布施明
 美川憲一

 2013年はEXILE、14年と15年が三代目JSBで、3年連続EXILE繋がりです。EXILEは2008年から2010年まで3年連続で大賞を受賞しており、この10年で6回がEXILE関係という事になります。


はやぶさ2、打ち上げ成功

 小惑星探査機「はやぶさ2」を搭載したH2Aロケット26号機が3日午後1時22分4秒、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられ、午後3時過ぎに予定の軌道に探査機を投入、打ち上げは成功しました。

 はやぶさ2は、小惑星イトカワに着陸し、初めて物質を採取して4年前に帰還した「はやぶさ」の後継機。今回の目的地は有機物や水が存在するとみられる別の小惑星「1999JU3」。1999JU3は四十数億年前の太陽系初期の姿をとどめていますが、地表の物質は宇宙線を浴びて変質している。このため、はやぶさ2は新開発の装置を使って人工的にクレーターを作り、変質していない地下の物質の採取・回収を目指しています。

 初代はやぶさはエンジンの故障や通信途絶など様々なトラブルに見舞われながら、スタッフの努力でなんとか目的を達しました。それが逆にドラマとなって、多くの人の共感を呼んだのですが、宇宙航空研究開発機構(JAXA)のスタッフは「もうドラマはいらない」と、はやぶさ2には初代の教訓を活かした対策が講じられているそうです。

 計画通りなら、小惑星の地下物質を採取し、20年末に帰還する予定です。


広島北部土砂災害、死者71人、不明11人に

 発生から1週間が過ぎた広島北部の土砂災害は、死者は71人(うち63人の身元が判明)、行方不明者は11人となっています。

 災害発生当時から安否が気遣われていた、同市安佐南区八木の湯浅康弘さん(29)と、妻で妊娠7か月のみなみさん(28)も遺体で発見されました。今も約1300人が避難所生活を強いられ、約3400人態勢で不明者の捜索が続いています。
 安佐南区役所では、県や市が被災者に原則6か月無償で提供する公営住宅(157戸)の抽選があり、284世帯が応募し、115戸で入居者が決定。最高倍率は22倍だったと言う事です。

 約15万人を対象に出されている避難指示・勧告の解除時期について、松井一実市長はこの日の記者会見で、「気象や現場の土砂崩壊の状況などの要因を検証して判断する。もう少し検討したい」と話しました。

 捜索活動が進むにつれて、逆に災害の大きさが明らかになってきています。東日本大震災の津波被害で、一時内陸部の土地の人気が上がりましたが、内陸部は内陸部でこう言うリスクがあります。


KADOKAWAとドワンゴ、経営統合

 出版大手のKADOKAWAと動画配信大手のドワンゴは14日、経営統合を合意したと発表しました。10月に持ち株会社を設立して、両社が傘下に入ると言う事です。

 持ち株会社の名称は「KADOKAWA・DOWANGO」で、社長にKADOKAWAの佐藤辰男相談役、会長にドワンゴの川上量生会長がつくそうです。

 KADOKAWAは、角川書店を母体とする角川グループの統括持株会社として2003年(平成15年)に株式会社角川ホールディングスへ社名を変更し、さらに2013年に株式会社KADOKAWAになったものです。

 角川書店と言えばメディアミックスの元祖。かつて、書籍を映画化しテレビコマーシャルを利用して大々的に販売する戦略で成功。日本映画界に角川映画旋風を巻き起こしました。その後は情報誌、ゲームソフト制作、漫画雑誌やゲーム雑誌も多数創刊。ライトノベル市場の国内最大手でもあり、多数のコンテンツを持っています。
 一方のドワンゴは、動画配信サイト「ニコニコ動画」や、携帯電話向け音楽配信などを手がけ、両者は2010年にコンテンツ配信事業において包括的業務提携していました。