日別: 2018年10月6日

築地市場、83年の歴史に幕

 東京都中央卸売市場の一つで、観光地として世界的にも知られる築地市場が6日、83年の歴史に幕を閉じました。

 築地市場の始まりは1923年、その年の9月に発生した関東大震災で壊滅した市場群を、海軍省から借り受けた同省の所有地に移した臨時の東京市設魚市場です。これが築地へ移ったのが1935年。銀座まで1km以内と言う好立地もあって取扱量が年々増加、特に水産物の取扱量は全国最大規模で、国内水産品の価格形成に影響を及ぼすほどです。

 近年は市場を通さない直接取引が増えるなど、ピークだった1980年代に比べて取扱量は半減していますが、それでも築地のブランド力は落ちることなく、観光地として世界的にも知られるようになっています。

 市場内の見学もそうだし、昭和レトロな場外市場も人気の観光地となっています。市場の移転後も、場外市場は存続するようです。ただ、元々市場関係者相手の飲食店が多かったので、市場自体が無くなってしまうと需要が無くなるわけですし、市場が無ければ観光地としての値打ちも無くなって観光客も来なくなる可能性は否定できません。

 11日からは移転先の豊洲市場が開場するのですが、こちらは場外市場のスペ-ス自体が無く、観光開発をするはずだった企業は東京都との交渉が決裂して撤退しています。

 築地という世界的観光ブランドを捨てた上、豊洲は観光地になりそうも無く、凄く勿体ないことをしてしまったような気がします。