トランプ氏、3連勝

 23日に行われたアメリカ大統領選の共和党候補者指名に向けた同党ネバダ州党員集会で、ドナルド・トランプ氏(69)が9日のニューハンプシャー州予備選と20日のサウスカロライナ州予備選に続いて3連勝を飾りました。

 トランプ氏は「高齢者で勝ち、高学歴で勝ち、学歴が低い人でも勝った」と、すべての層を取り込んでの勝利を宣言。今後の指名争いについても「素晴らしい2カ月になるだろう。(指名獲得に)2カ月もかからないかもしれない」と自信を見せました。

 ネバダ州はヒスパニックが州人口の約3割を占め、外国生まれは19%。不法移民が人口に占める割合も全米で最高の7・6%に達し、移民問題への関心が高い地域です。中南米からの不法移民を攻撃し、ヒスパニック系からは票を獲得できないと見られていたトランプ氏ですが、この集会ではヒスパニック系の45%がトランプ氏を指示するなど、様々な層に支持が広がっています。

 当初は一部の極端な思想を持つ人からしか支持されないと見られていましたが、これはひょっとすると、ひょっとするかもしれません。