タグ: アマトリーチェ

イタリア地震 死者247人

 イタリア中部で起きた地震は、死者の数が247人にのぼった事が現地当局から明らかにされています。

 死者や負傷者の数は発表を重ねる度に増えています。アマトリーチェと言う町では、建物の8割が倒壊したとみられています。今回の地震で家を失った人の数は合わせて2000人以上に上るとも言われ、当局は各地に避難所を開設しています。救助活動は続いていますが、余震のために作業は進んでいません。

 被害の大きかったアマトリーチェは、2009年の地震でも近隣の都市ラクイラで300人が死亡しています。その時も同域の地震に対する脆弱性が指摘されていましたが、アマトリーチェではその後地震への対策が行われた形跡は無く、地元検察当局は「人災」との疑いを強め、捜査に入っているそうです。

 2009年の地震と言うと、地震学会が「地震は起きない」と予測した直後に地震が発生、死者が出て問題になったあれでしょうか?。確かに、建物の8割が倒壊と言うのは、余りにも脆弱すぎます。震度7を記録した熊本地震でも、そこまで酷くありません。