タグ: ジュリー・ハンプ

トヨタ初の女性役員、麻薬密輸で逮捕

アメリカ国籍のトヨタ自動車常務役員ジュリー・ハンプ容疑者(55)が18日、アメリカから麻薬を密輸したとして、麻薬取締法違反(輸入)容疑で警視庁に逮捕されました。

ハンプ容疑者が今月11日にケンタッキー州から国際郵便で送った自身宛の小包に、麻薬であるオキシコドンの錠剤57錠が入っているのを東京税関が発見。警視庁に通報したものです。

オキシコドンは、アルカロイド系の鎮痛剤の一種で、アヘンに含まれる成分のテバインから合成されます。医療用麻薬として使われ、モルヒネより副作用が弱いと言われていますが、医師の処方がなければ使用することができません。

ジュリー・ハンプ容疑者はゼネラル・モーターズやペプシコなどを経て、2012年に北米トヨタに入社。今年4月にトヨタ初の女性役員に就任していました。取り調べに対して「麻薬を輸入したとは思っていない」と容疑を否認しているそうです。

医療用麻薬を57錠、もし本当に必要なら大変な肉体的苦痛を伴う病気ってことですが、そうなら医師の処方箋があるはずです。犯罪なのか、そうでないかはすぐに結論が出るでしょう。