タグ: 民進党

民進党、156人で旗揚げ

 民主党と維新の党が合流した新党「民進党」が27日午後、東京都内のホテルで結党大会を開き、正式に旗揚げしました。

 新党には衆参両院で156人が参加、初代代表に選出された岡田克也氏は「安倍政権の暴走を止めなければならない」「政権交代可能な政治を実現するラストチャンスという認識を共有しなければならない」と語りました。

 「安倍政権が衆参同日選挙をやるというなら、受けて立とう」とも言ったそうですが、単なる選挙対策の寄せ集め政党に勝ち目があるのでしょうか?。NNNがこの週末に行った世論調査によると、「期待する」と答えた人は26.6%にとどまり、逆に「期待しない」は59.7%だったそうで、有権者の評価は厳しいようです。

 みんなの党から分裂し、さらに合流した日本維新の会で分裂した勢力が、政権の座から転落した民主党と合流。とても期待できる流れではありません。そもそも、維新の党には、かつて民主党を見限って日本維新の会に参加、除名された議員が数多くいます。重要な政策でも隔たりがありますし、合流時に政党名の変更を求める維新に反発する民主党議員もいました。